猫・ルークの毎日や病気のことを綴っています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
病理検査の結果・覚書。

昨日は私の日記を読んでくださった皆様、ありがとうございました。


急いで報告しなきゃと思い、結果のみをお伝えしましたが、覚書として


そして何かの役に立てればと思い、少し今回の病理検査のことを書かせ


ていただきますね。




まずは開腹手術までの経過を簡単に。


①平成23年10月 痩せてきた・お腹のハゲ・軟便が続くという理由で

 
 バイオプシー検査・CT検査を行ないIBDと診断
 

 ※この時点でCTでは異常はなし。


②その後、一ヶ月毎に血液検査、三か月毎にエコー検査


③平成24年3月 エコー検査にてしこりのようなものが見え、


 開腹手術をすることになりました。取れる腫瘍は取り、病理検査に


 出すための細胞も採りました。





開腹手術はリスクを伴いますが、直接目で見ることが出来るし、細胞も


採りたいところから採れるので、正確性は高いと思います。


病理検査は2か所に出していただきました。


金額は倍かかりますが、検査をする人によって診断も微妙に変わって


くるので、2か所に出すということは結構重要なことだと思います。




ルークは大腸と小腸をつなぐ部分に幸いにも悪性腫瘍ではなかったの


ですが肉芽腫というものが出来ていました。


これがエコーに写っていたんですね。。


それぞれの会社の報告書を簡単に記しておきます。




① ㈱アマネセル
   診断「好酸球性肉芽腫」

 
好酸球肉芽腫としての組織所見が得られており、猫の好酸球増加症

 
一病変と考えられます。腫瘍性病変は認められず、悪性所見はありません。


検索組織内にリンパ説の固有構造は認められず、顕著な炎症を伴う肉芽組織が


形成されています。組織内には好中球の浸潤巣をマクロファージが取り囲む


肉芽腫様の結節が散見され、その周囲には好酸球の浸潤も認められます。






② マルピー・ライフテック㈱
  診断「化膿性肉芽腫性炎症」
 

リンパ節本来の組織構造は認められず、多数の多様な炎症細胞侵潤が全域に


観察された。浸潤する炎症細胞の主体は好中球とマクロファージで、多数の

 
形質細胞やリンパ球が混在していた。


病変の部位や組織像から、猫コロナウィルス感染症(猫伝染性腹膜炎)を含む


何らかの感染症の可能性を考慮する必要があると思われた。








私もよく解りませんが、それぞれ微妙に診断が違いますよね?!


1か所に診断を依頼をするよりも2か所の方が、広い視野で見ることが


出来ると思うので、今回、病理検査を2か所に出していただいた先生の


賢明な処置に感謝しています。




それにしてもこの診断書には気になるワードがあります。


昨日、先生からは詳しい説明はなかったのですが(まだ報告書が


病院に到着して間もなかったと思われる)、猫伝染性腹膜炎・通称


FIPといわれる病気のことが書いてあるじゃないですか!!!


うちはFIPは無縁かな…なんて思っていたのでほとんどどんな病気


なのか知らなかったのですが、調べてみるとなんだかルークに該当


することがたくさん書いてあります。


FIPにはウェットタイプとドライタイプのふたつの型があり、ルークは


ドライタイプに該当しそうな症状があります。


皮膚のどこかが腫れ、硬いしこりが出来たり、内臓が腫れたりする。


猫コロナウィルスは猫全体の半分くらいの子が持っているらしく


免疫力が弱い子は突然変異でFIPウィルスに変換されてしまうそう。


さらに免疫力の弱い猫自身の体が異物への防衛反応として肉芽腫を


作るらしいです。


うーーん、なんだか考えてしまいますねぇ。


次回の通院の時に先生に聞いてみようと思います。ドキドキ…。


それに好酸球増加症。こちらも気になります。


どちらにしてもステロイドで対症療法になるようです。




病は気からと言いますが、本当にそうだと思います。


ルークさんは何かすごいストレスを持っているのだろうか…。


すごい考えさせられます。


弱気になってはいけない。


病気に負けてしまうから。


前向きに行こう!!


ルークにそれがわかってくれるかな…。




またどなたかのお役に立てればと思うので、引き続き思いついた


ことを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト
page top
ガンではなかった!!

今日はルークの術後の通院でした。


そしてタイトルの通り、検査結果が出ました。


覚悟して病院に行ったのですが、診察室に入るなり先生に


ガンではなかったですよ!!と言われ、正直驚きの方が先に


立ち、先生の説明を聞きながらやっと安堵感が湧いてきま


した。


病理検査は2ヵ所に出していただき、両方とも腫瘍性病変は


認められず、悪性所見はありませんという報告でした。


で、写真で見た腫瘍は「肉芽腫」だそうです。


体の内側にも出来るの??


一方では「好酸球性肉芽腫」という診断が付き、もう一方の


方では大まかな診断で「化膿性肉芽腫性炎症」という診断が


付きました。


本当にガンだと思っていたので、自分なりに今後の事を色々と


考え、気持の整理をしていたのですが、とりあえず悪性腫瘍では


なかったのです。


ルークは元気だし毛づやもいいし、体重も徐々に増えているから


きっと大丈夫という希望が心のどこかにあったのですが、その


小さな小さな希望が叶いました。


でも、やっぱり腸はIBDを患っているし、肉芽腫という塊も腸に


出来ているので、10歳という年齢からしても、これからは更に


注意をして過ごしていかなければなりません。




今後は引き続きステロイドを飲み続けて様子を見ていきます。


術後は一日二錠でしたが、今日から一日一錠に減薬されました。


そして抜糸も今日一気に全部やりました。




昨年よりIBDと診断され、そして今回開腹手術となり、本当に


色々と考えました。IBDやリンパ腫などをネットで検索してみて


頑張っている子がたくさんいることも知りました。


飼い主さんの悲痛な気持がとても伝わり、私の心もちくちくしたし


悲しくもなりました。


いつか自分にもそう遠くない未来にお別れがくるかもしれない。


いつも心のどこかにそれを置いて、後悔しないように素敵な時間を


過ごしたいなと切に思いました。




応援して下さった皆様、ありがとうございます☆


これからまだまだ何があるかわかりませんが、とりあえずはガンでは


なかったことに感謝したいと思います。


途中、かなりヘコんでしまって、私の体調も実はあまり良くなかった


のですが、少しは良くなりそうです(笑)


そして、これからもっと人の痛みのわかる人間になりたいと思います。

page top
まだ結果出ず…。

まだ病院から電話がありません。


診断をはっきりと言われるのも怖いけど、電話待ちの状態でドキドキな


日々を過ごすのも精神的に結構キツイですね(苦笑)




さてルークですが、変わらず食欲旺盛、便も普通、おしっこもたくさん


出て、嘔吐もなし。


ですが、なんとなーく顔がボーっとしていて、目の輝きがあまりない


ような気がします。


まだまだ寒い日も多いので動きも鈍く、コタツの中に入っている事が


多いです。


P3192015.jpg


でも、このハードディスクプレーヤーのトレーが動く時だけは、目が


野性的にギラギラと輝きますけどね…。




ボーっとしているから、最近では飼い主の手や足を噛むということを


全くしなくなりました。


ちょっと寂しいですね。




今日、ネットで注文した「Dフラクション」というものが届きました。


抗腫瘍作用と免疫向上作用があるということで、早速夜ごはんに入れて


みました。


ちなみに30mgで9,135円です。


食欲がなくなってご飯を残すようになってしまうと、ご飯に混ぜても


もったいないことになってしまうので、そうなったら次の手を考えなく


てはなりません。


でも、今はステロイドのおかげもあってご飯は完食してしまうので


助かっています。


ちなみに今のルークのご飯は…。


P3232022.jpg


夜はアニモンダのカンガルーと穀類(ウェットフード)をあげています。


療法食ではなく療法食なのですが、食い付きもいいし


何より原材料も良いものを使用しているようなので安心できます。


朝はユカヌバの残渣ケアかウォルサムの腎臓サポートスペシャルの


カリカリを今はあげています。


なんかめちゃくちゃな感じなんですけど、今は食い付きが大切だと


思うのでそうしています。


手作り食なんかに本当はトライしてみたいなと思ってはいるものの、


なかなか実行できてません。




明日あたり、先生から電話が入りそうな気がするのですが…。


また報告させていただきますね。


いつもいつもお付き合いいただきありがとうございます☆






page top
術後、病院へ。

まずは、まだ病理検査の結果は2社とも戻ってきてないそうです。




今日は術後の検診をしに行ったのですが、病院に着くなりルークさんは


バッグの中に敷いてあるフリース素材の布の下に潜り込んでしまいました


「俺はココには居ないんだよー診察はやだよー」という心の叫びが伝わって


きました(^_^;)




診察では、先生に調子の悪いところは特にない旨を伝えました。


入院から戻ってきた日から食欲はものすごくあるし、お腹の痒みもないし


嘔吐もない。便は一回だけ軟便があった程度だからまずまずですよね。


それにベランダに行きたがるし、なんといっても大好きなDVDプレーヤーの


トレーの出し入れをすれば、すごい興味を持って近付いてくるので、いつもの


ルークだって安心しています。




開腹した部分の抜糸は今日はやりませんでしたが、特に化膿しているとかは


ないので順調だと思いますとのこと。


たとえばリンパ腫だったり白血病だったりすると、開腹した部分がすぐには


くっつかないことが多いそうです。




今回はまたステロイドのプレドニン錠を一日二回で処方をされました。


抗生剤はすでに手術後に二週間効く注射を打ったそうです。


ステロイドは抗がん剤の役目をする場合もあるので、検査結果が出るまで


飲んでいても損はないとのこと。


先生は、気持も落ち着かないと思いますけど、kappaさんのように積極的に


検査を受ける事が結局は恩恵を受けることになるんですよと仰って下さいました。


何度か書きましたが、先生は高分化型のリンパ腫(老猫に多いそうです)ではないか


と50%以上の確率で思っていて、今飲んでいるステロイドにひとつ薬(抗がん剤)を


加えるだけできっと治まりますよと今日は至って明るく話してくれました。


私達飼い主の気持も汲んで丁寧に優しく話して下さりとても有難いなと思いました。




開腹手術をすると決めた日からルークが退院する日の間、私結構


泣きました(苦笑)


泣くことによって心の中の澱が出ていき、少し気持ちの整理がつ


きました。


生あるものはいつか亡くなる。遅かれ早かれそれは私達人間も同じこと。


そんなことを考えながら夕陽を見ていたら少し気持ちが落ち着きました。


今ではそう簡単には泣きませんよ~。


それにルークの前では絶対に泣かない!!(泣いたこともあったけど…)


ルークに対して失礼だしね。




この二週間でkappaも成長したのでした


また検査結果が出たら報告します。


たぶん今週中には報告出来るのかな。


またもしかしたらかなり落ち込んでいるかもしれませんが、その時は


またよろしくお願います(笑)

page top
術後の経過。

昨日の夜、うちの旦那さんの携帯へ病院の先生から電話が入りました。


ルーク、輸血用の管を食いちぎったそうだ


もし飲み込んでいたとしてもシリコンなので大丈夫だけど、便から


異物が出てきたら、驚くだろうと思い電話しましたとのこと。




どうして食いちぎったんだろう??


嫌がらせかしら(苦笑)


まったくどうしたもんか…。


今のところ何も出てきていないので飲み込んではいないと思うけど


もうびっくりしたよ。




P3162006.jpg


そういえば術後服を買っておけばよかったと思う飼い主。


そんなこと思いもつかなかった


エリザベスカラーをして帰ってきたけど、上手く身動きがとれないようなので


すぐに外して、とりあえず人間用の緩めのサポーターを着けてみたらなんと


ぴったり!


歩き回ったりしているとズレてきて傷口が見えてくるけど、まあ上等じゃない。


P3161999.jpg


今ではこんな風にお腹出したりしてるし、だいぶ回復してきたみたい。




今ステロイド(プレドニン錠5mg)を一日二回飲んでいるので、食欲はあるし


お腹の痒みもなさそうだし、吐いたり下痢もしないので、本当にがんに罹っ


ているのだろうかと錯覚を起こさせる。


でも先生がルークの腫瘍をデジカメで撮り、プリントアウトして見せてくれ


たので、腫瘍がルークの体にあるということは紛れもない事実。


病理検査の結果を先生から伝えられるのがとても怖く思えてきた。


しっかりしろ!!飼い主。

page top
退院しました。

本日、ルークが戻ってまいりました。


私はお仕事の為、お迎えはうちの旦那さんに行ってもらいました。


先生から色々とお話しがあったけど、頭がいっぱいいっぱいで全部は


頭に入らなかったそうで、次回また聞くかもしけないけど、その時は


よろしくお願いしますと伝えて帰ってきました。




さて、うちのルークさん、病院から家に帰る車中はとても大人しくしていた


ようです。


そして家に着きバッグから出た途端ルークは旦那さんに向かいまずは


「ニャー」と鳴き、家の中を入念にチェックしていたそう。


そのうち私も帰宅し、ルークにお帰り~って言ったら目を細めて


「ニャー」とひと鳴きしてくれました。


そんなに鳴く子じゃないのに、今日はまた可愛らしく鳴くな~(笑)


激しくは撫でられないので優しく撫でてあげたら、ちゃんとスリスリ


ゴロゴロしてくれた。うっうれしい





そしてお次はご飯の要求。


またまた一般のささみの缶詰をあげました。


ほとんど一気食いしちゃいましたね。


それと追加で腎臓サポートスペシャルを大さじ2杯分を完食。


すごい食べっぷりで驚き。


トイレにも入り、とりあえず落ち着いたところで、今はコタツの中に入り


マジ寝してます。なんかぴくりともしないので、本当に心身ともに疲れて


しまったのでしょう。




帰ってきてからバタバタしていたので、ルークの写真は撮れなかったけど、


とにかく無事に手術が終わってよかった!


今は病理検査待ちで、更にリンパ腫だった場合は遺伝子検査を依頼してあり


これからが本当に大変なんでしょうけど、今はとにかくここにルークが


いることの喜びを噛みしめようと思います。




この先どうなるかわからないけど、皆さん暖かく見守っていてくださいね。


本当に皆さんの暖かいお言葉に助けられています。


ありがとうございます。
page top
寂しいね。

暴れん坊なルークが家に居ないと寂しい。


P3131986.jpg


手術当日のルークさん。


当然のことながらご飯とお水がテーブルにのってません。


ルークはしつこく「ご飯!!ご飯!!ご飯!!」って間違いなく言ってたよね。


40分くらいこの場所に居座ってたかな(苦笑)


うちの旦那さんと私の顔を順番にじーっと見つめるんです。


こういうのって結構キツイですよね。


だから少し早めに病院に行く??って話になったのですが、手術が始まるのは


お昼の12:00から15:00の間なので、あまり早く行ってもルークがひとりでいる


時間が長くなって可哀そうなので、11:00くらいに着くように出かけました。




さっき埼玉でも震度4を観測する地震がありました。


こういう時に限ってルークが近くにいないから心配。


昨年3月11日は、ずーっとコタツの中にいて、さほど地震には恐怖心はなかった


ようなので、きっと今も大丈夫だとは思うけどね…。




今日、病院に電話をしてルークの様子を聞いてみた。


ご飯は全く食べてないそう


ルークは結構神経質だからな(笑)


いや、そういう問題ではないか。


きっとお腹が痛いんだよね。


オシッコはきちんと出たそうです。ヨカッタ~。


それが一番気になっていたんだ。




あと、お見舞いが出来るかどうか聞いてみた。


けど、基本ダメなんだそう。。


帰れるって期待をさせてしまいそわそわしてしまうのでダメみたいです。


会いたかったんだけどな。


でも会ったら泣いちゃいそうだから、やっぱりいいや(笑)




明日は退院できるかな~?!
page top
手術終わりました。

ルークの開腹手術、終わりました。


16時くらいに先生と電話で話した時に、ルークはすでに目覚めていて


ぼーっとしているとのことでした。


今日はお見舞いには行かないことにしました。


おそらく2泊3日の日程になりそうだということ。


個人病院なので、診察時間が終わると誰も病院に居なくなるので


翌朝までお泊りの患畜さんだけになるそうです。


それを聞いたら、かなり心配になったけど、先生は電話できちんと


見てくれると仰っていたようです(うちの旦那さんが対応)




そして、やはり腫瘍はありました。


大腸と小腸を結ぶところに人間でいう盲腸のようなものがあるそうです。


その部分に腫瘍が出来ていて、これが下痢・軟便をする原因のようでした。


この部分の腫瘍は症例が多いそうで、この腫瘍を取ることにより、更に


下痢を誘発する可能性が高いということで、この腫瘍を取ることを止めた


そうです。


それから、すい臓にも白い斑点が見えたそうです。


怪しいところは二か所。


病理検査のため、たくさんの細胞を取ったそうです(外注検査は二か所に


出すとのこと)


先生の見解では、やはりリンパ腫でしょうね…とのこと。


早く結果を聞いて、次の治療に行きたいです。


でも術後の体に、たとえば抗がん剤はキツイのかな。




今回、開腹手術やってよかったと思います。


ルークの体のダメージを考えると本当にかわいそうなことをしたなと思うけど。




また、何かあったら日記を書きたいと思います。


とりいそぎ報告まで。

page top
心配MAX。

開腹手術の日が来週の火曜日。


近付くにつれ、どんどん緊張が増してきてます。


ネットでリンパ腫のことを見ていたら本当に不安になってきちゃった


なるべく見ないようにしているんだけど、いてもたっても


いられず、見ちゃうんだよね


開腹手術は、それをするだけでも体が消耗するんですね…


初の入院だし、孤独に耐えられだろうか。


ご飯食べられるかな~眠れるかな~トイレ出来るかな~とか


もうそりゃあいろいろ心配(苦笑)




飼い主、緊張と不安がいっぱいになってしまったので、明日仕事が終わっ


てから先生のところに行って、いろいろ聞いてこようと思う。


手術をすることによって、手術前よりも体調が悪くなってしまうのは


本当にルークに申し訳ない。




昨日今日と、トイレにはご立派なかりんとうウンチが、砂もかけず


そのまんま転がってました。


オレは大丈夫なんだよ!!って言っているかのようだわ

page top
消化器型リンパ腫かも…。

今日は朝から気合いを入れてルークの定期検診&エコー検査に


向いました(ルークも意外にすんなりバッグに入ってくれたし)


めずらしく患畜さんが少なかったので、すぐに診察とエコーが


始まりました。


エコーの先生は週に一回来て、エコーのみの診断を行ないます。


なのでIBDやリンパ腫の疑いがあるなどの詳しいルークのデータは


先入観を与えてしまうので、院長先生はあえてエコーの先生には


伝えないそうです。




今日はタイトルで想像出来るかもしれませんが、エコー検査で引っ


掛かってしまいました。


上部消化器官が集まる周辺にしこりのようなものがみつかりました。


トータル的に院長先生から診断を受けるのですが、すい臓に比較的


近い部分の為、もしかしたらすい臓に関する病気かもしれないし、


消化器のリンパ腫の疑いもかなり強くなってきたとのこと。


ルークの下痢・軟便はご飯を変えても結局よくならないし、単純に


食物アレルギーではない。それも含めてリンパ腫の疑いが濃厚に


なってしまいました。(先生はほぼリンパ腫だと思っているっぽい)


先生はとにかく次の段階は開腹して患部を診ることで、そして


はっきりと診断をつけ、治療をすることが延命につながるんです!


と、かなり強く前向きな感じで話してくれました。


もしリンパ腫だった場合、リンパ腫にも4種類の型があるそうで


その種類によって薬の種類も変わってくるそうです。


抗がん剤ではなく、ステロイドのみで治療できる場合もあるそうです。




開腹して病理検査・遺伝子検査をして最終的な診断がつくのが2週間


かかってしまうので、今すぐ行なった方が絶対にいいですと言われて


しまいすごく困ってしまいました。


しかも手術は先生の都合なのですが、明後日の9日がいいとのこと。


平日なので診察も休日よりは空いているし、その日は大きな手術が


ないので、この日だったらルークの手術が長くなっても大丈夫だから。


それに来週は動物病院の引っ越しがあるので、バタバタして万が一


手術の道具が足りないってことになったらいけないのでとのこと。


開腹手術にかかる費用は5万から15万くらいの幅があるそう。


というのは、開けてみて取れる腫瘍があれば取ってしまうし、その


時の処置の仕方で金額も変わってしまうそうです。


処置をしない(出来ない)ただの開腹手術であれば、必要な細胞だけ


採取して終わるそうです。




先生はとにかく積極的だし自信を持って言ってくださっているので


受けようかなとは思っているけど、今日行って明後日手術って、とても


心の準備も出来てないし、実際明後日手術だったら明日の夜は絶食させ


ないといけないし…。とても難しい決断です。はぁぁ…。




ブログで知り合った色々な病気を患った猫ちゃんがいる方々の中には、


積極的に外科手術を受けている方もいることだし、うちも!!って思う


のですが、この手術をしても治るわけではないしと消極的になってし


まう部分もあります。


でも、はっきりと診断がつけば、治療の方向性もしっかりと決まる


わけで、とにかく今は頭の中がウニウニしています。


正直かなりヘコんでますが、でもやっぱりそうは言っていられないので


どうするのか…今日中に決めようと思います。




明後日って、やっぱり早すぎるよね。


でも一週間二週間と引きずってしまっても、自分の不安が増大しそう


だし、ここは思い切ってやってしまおうか。


なんだか不安と悲しみからうだうだ日記を書いてしまいました。


最後まで読んでくださった方、有難うございます!!
page top
i/dもダメみたい…。

今朝、まだ私が寝ている時に、ルークさんが吐きました。



それも昨夜の残りのi/dご飯を食べた直後だったみたいです。



酸化してしまったご飯を食べてしまったからだとは思うけど



更に最近は、下痢に近い便をしているので心配です。



やっぱりご飯が合ってないのかな~。i/dは500gのものを3袋制覇。



そろそろi/dが無くなりそうなので、とりあえず先生に相談せず



ネットでユカヌバの療法食を発注してみました。



何か便が良くなるご飯ないかなーー



こういう状態が続くなら、やっぱり免疫抑制剤を使うしかないと思う。



先生は極力ご飯で改善出来ればそうしたいっていう意向で今に至って



いるのですが、免疫抑制剤の話も先生としたことがあるし、そろそろ



出番かな。



3月7日にエコー検査も含めた定期検診を行なうので、結果によっては



治療法が次の段階に進むかもしれません。






それにしても救われるのが体重が減っていないこと。



っていうか、逆に増えているし。



ほんと不思議。



一昨日の体重が4.28kg そして今日はとうとう4.30kg



着実に増量しています。






頑張ってご飯を探すから、ルーくんもう少し頑張ってね
page top
地震が多い。

最近、小さいけれどここ埼玉では数日地震が頻発しています。



一昨日の夜中は、地震速報が鳴りました。



もうすでに寝ていたし、久々だったので、携帯からの地震速報の音を



聞いても、何だっけ??この音??うん??アラーム??



あっ地震だ!!と、寝ぼけながらもやっと理解することが出来ました



速報が鳴ったものの、結局揺れることなく終わりました。



全くびっくりするじゃんか!!



案の定、翌朝の目覚めはあまりよくありませんでした






まぁこんな感じで地震が小さいながらも多いので、少しずつ水や食べ物を



備えています。



備え



お水は2ケース。見た目は悪いけど階段を上りきった所の一部スペースに



そのまま見えるように置いておくことにした。



食料はバッグに入れて、他の災害時用バッグと一緒に押入れに入れておきます。



品名と賞味期限を紙に書いてバッグに貼っ付けておくといいのかなと思いつつ



やっていないので、近いうちにやらなきゃな~。



ルークのご飯も少し備蓄したいと思っているのですが、お腹に合うご飯がまだ



見つかっていないので、どうしようか悩み中。。



家の場合、人間はどうにかなるけど、老猫やら病気猫やらのご飯だけは困って



しまうねぇ。






皆さんも災害時用に何か備えていますか??



というか、必ず備えておきましょうね

© 銀色しっぽ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。