FC2ブログ
猫・ルークの毎日や病気のことを綴っています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
今後のこと。

ここのところ、秋晴れって感じのすっきりとした気候が続いていますね



とっても心地よくて過ごしやすいです。



ルークもとても元気に過ごしています






ルークの細胞診の結果を聞いてから分からないことがあったので、先日、私だけ



病院に行って色々と聞いてきました



前にも書きましたが、今はとにかくアレルギー対応の療法食のみを食べて変化を



観察し、今後は三か月に一回くらいの頻度で、血液検査とすい臓と胆のうをエコーで



観察していくようにしましょうという話になりました。



必要であればステロイドを飲ませることになるけど、すい臓と胆のうの炎症があれば



あまりよろしくないようなので、エコー検査で定期的にすい臓と胆のうを検査する事が



必要となるようです。



なぜすい臓と胆のうなのかというと、十二指腸と直接つながっているこのふたつの臓器は



十二指腸に炎症があると、すぐに影響を及ぼすそうです。



なので、アレルギーの療法食を食べて軟便や嘔吐、痒みなどがほとんど無ければ、



ステロイドを飲まなくて良いので、本当に療法食が合えば良いな~と思っています。



気になっていた好酸球増多症のことも念の為聞いてみたのですが、こちらは細胞診で



わかるのでこちらの病気は患っていないようです。だから今は血液検査で好酸球の



項目は入れなくても大丈夫ですよとのこと。






10/4にステロイドの注射を打ったルーク。



効果は2週間だそうです。だからもうすでに効果は切れているはず…。



今時点で、下痢軟便も無いし、嘔吐もなし。食欲も元気もあります。



少しだけお腹をカキカキしているけど、以前に比べれば全然減りました。



でも赤くなるようだったら、また病院行きですけどね。



ただ気になるのが体重が落ちたこと



確かに食欲はあるんだけど療法食に代わったせいで、食べる量が少し減ってるので



体重が落ちるのは仕方のないことなんですけど…。



なので、毎日の体重管理のために、こんなの↓買ってみました


PA311247.jpg



20g単位で計れる、ベビースケールです。



これ猫や犬にも大変便利です。



PA201241.jpg



こんな風に、箱でも楽しめるしね



PA201243.jpg



病気になっても、遊び心はまだまだあるの~。







肝心のルークの体重は…。



検査時4.1kgで、今現在4.02kgです。



検査直後はなんと3.92kgだったのです



ちなみに5ヶ月前は4.28kgくらいだったと思います。



結構減ってるね



でも大きくは減っていないと思うので、もう少し様子を見ます。



一応、体重の計測は、同じ時間・同じ場所で行なっています←これ大切だと思う。






ルークがIBDという病気にかかってしまったけど、それをきっかけに私もいろいろと



考えることが多くなりました。



いつもそばにいることが当たり前で日々を過ごしているけど、こんな日が続くのは



もしかしたら奇跡なのかもしれない。



だから日々を大切にし、これからも守ってあげなきゃいけないなと切実に思いました。



病気の診断を付けられて今までとは違う生活になってしまったけど、生きていることに



感謝したいなと思います。



それはルークに限らず、私自身、家族や友人、自分にかかわる人すべてにね






ルークは体重が減ってしまったけど、私は…。



恐くて体重計乗ってないしぃ



お腹まわりが、キツくて大変なの~
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

9猫さんへ
こんにちは!9猫さん!!
遊びに来てくれて、ほんと嬉しいです☆

食餌で改善できるのが3割ですか…微妙ですね。
その3割に入ればいいですが(>_<)
9猫さんのIBDネットワークにて色々と食餌のこと勉強
させてもらっています。今の食事はセレクトプロテイン
ですが、どれくらい続けて合う合わないを見極めたらいい
んでしょうね…。難しいな~。

応援、ありがとうございます!!
9猫さんも、たくさんの猫ちゃんがいらして大変でしょう。
私も力になれることがあったらなと思っています。
今後ともよろしくお願いしまーす。
kappa609 | URL | 2011/11/02/Wed 22:17 [編集]
こんちゃ!
KAPPAさん こんにちわー
食事療法、上手くいくことを願ってますよっ
実は、食事で改善される例って
3割ほどらしいんですけど(汗)
でもでも、食餌が重要なファクターであることには
変わりがないと思ってます
たとえば、油の質とか添加物とかー
その子のお腹に合ってる物を探すのは
重要だと思いまする。
応援してますよーん
9猫 | URL | 2011/11/02/Wed 12:15 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© 銀色しっぽ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。