猫・ルークの毎日や病気のことを綴っています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ガンではなかった!!

今日はルークの術後の通院でした。


そしてタイトルの通り、検査結果が出ました。


覚悟して病院に行ったのですが、診察室に入るなり先生に


ガンではなかったですよ!!と言われ、正直驚きの方が先に


立ち、先生の説明を聞きながらやっと安堵感が湧いてきま


した。


病理検査は2ヵ所に出していただき、両方とも腫瘍性病変は


認められず、悪性所見はありませんという報告でした。


で、写真で見た腫瘍は「肉芽腫」だそうです。


体の内側にも出来るの??


一方では「好酸球性肉芽腫」という診断が付き、もう一方の


方では大まかな診断で「化膿性肉芽腫性炎症」という診断が


付きました。


本当にガンだと思っていたので、自分なりに今後の事を色々と


考え、気持の整理をしていたのですが、とりあえず悪性腫瘍では


なかったのです。


ルークは元気だし毛づやもいいし、体重も徐々に増えているから


きっと大丈夫という希望が心のどこかにあったのですが、その


小さな小さな希望が叶いました。


でも、やっぱり腸はIBDを患っているし、肉芽腫という塊も腸に


出来ているので、10歳という年齢からしても、これからは更に


注意をして過ごしていかなければなりません。




今後は引き続きステロイドを飲み続けて様子を見ていきます。


術後は一日二錠でしたが、今日から一日一錠に減薬されました。


そして抜糸も今日一気に全部やりました。




昨年よりIBDと診断され、そして今回開腹手術となり、本当に


色々と考えました。IBDやリンパ腫などをネットで検索してみて


頑張っている子がたくさんいることも知りました。


飼い主さんの悲痛な気持がとても伝わり、私の心もちくちくしたし


悲しくもなりました。


いつか自分にもそう遠くない未来にお別れがくるかもしれない。


いつも心のどこかにそれを置いて、後悔しないように素敵な時間を


過ごしたいなと切に思いました。




応援して下さった皆様、ありがとうございます☆


これからまだまだ何があるかわかりませんが、とりあえずはガンでは


なかったことに感謝したいと思います。


途中、かなりヘコんでしまって、私の体調も実はあまり良くなかった


のですが、少しは良くなりそうです(笑)


そして、これからもっと人の痛みのわかる人間になりたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お局様
ありがとうございます☆
ガンだったとしたら、抗がん剤治療をしようと考えていたので
それが無くなっただけでも良かったなと本当に心の底から思いました!!

免疫系の病気という大まかな感じで、具体的には何の病気なんだか
よくわからなくなってしまいましたが、とにかく飼い主、気をつけたいと
思います。
応援、ありがとうございます!!
kappa | URL | 2012/04/03/Tue 23:12 [編集]
良かった!
出遅れちゃったけど
「良かったね!」
ってお伝えしたくて出で参りました(*^_^*)

もちろん、IBDも肉芽腫も大変難しい病気だけれど、でも、ガンでなくて本当に良かったです。
お局様 | URL | 2012/04/02/Mon 20:47 [編集]
リンさんへ
本当に結果を聞いた時は驚きました。。何度もよかったって
先生と言い合いました(*^_^*)リンさん、本当に祈っていてくれて
ありがとう☆ルークにはきちんと伝えましたよ。

抜糸は済んだけど、まだお腹にサポーターは付けているん
ですよ。だから動きがまだまだゆっくりです。
もし開腹手術をしなかったら、リンパ腫かもしれないという
前提で治療が進んでいたかもしれないですね。
それを思うとちょっと怖いです(^_^;)
結果的には引き続きステロイドでコントロールすることには
なったけど、開腹手術で直接お腹の中を見たことは、よか
ったかなと思います。思い切りも必要なんですね!

また二週間後に病院に行ってきます。一応、血液検査を
しておきましょうとのことです。その時にまた先生とお話しを
して、色々と聞いてきます。
困っている猫ちゃんの何かの役に立てればいいな~という
想いが今回のことで更に強くなりました。
今後もどうぞ見守っていてくださいね。
kappa | URL | 2012/03/27/Tue 22:18 [編集]
よかった~!ホントによかったです!!
リンパ腫の疑いがでたときは本当にドッキリしたけれど
悪いものではないと信じていたので、とっても嬉しいです。
ルーク君、抜糸もしてもらって お腹も少しスッキリしたかな?
ホッとして私の目頭が危ない(^^ゞ
手術は大変だったと思うけど、原因がハッキリ分かったので
安心もできたし、気をつけていかなければいけないことも
分かったので、検査を決心されてよかったですね。
肉芽腫、お薬で小さくなってくれるのかな?
消えてくれるといいな。
IBDとうまく付き合っていくのは大変だけど
kappaさんならルーク君を守ってあげられると思うし
これからも健康に気をつけながら元気に過ごしてほしいです。
kappaさんも季節の変わり目ですし
心配疲れをだされないよう無理しないでくださいね。
これからも応援しています(^_^)
リン | URL | 2012/03/26/Mon 23:30 [編集]
nilesmamaさんへ
nilesmamaさん、ありがとうございます☆
昨年の内視鏡検査・CT検査と、今年1月のエコー検査では
腫瘍は全く映っていなかったので、ここ数カ月で発症してしまった
みたいです。もしかしたら内視鏡検査・CT検査で一日病院に
預けられたことでストレスが溜ってしまったのでしょうかね。。
リンパ腫なのかIBDなのかなどの確定診断には開腹して直接細胞を
採って病理検査をするのが一番正確なのではないかなと思いました。
開腹するにも猫さんの体力が必要となるので、年齢的に出来ない子
もいるだろうしなかなか難しいことなんですけどね…。
肉芽腫はやっぱり免疫系の病気なので、ステロイドでコントロールし
様子を見ていくようです。急を要するものではなかったけど(たぶん…)
やはり10歳越えということもあって、今後も油断は出来ないようです。
免疫が下がらないよう、ストレスをなるべく与えない生活を考えるのも
難しいですね。

今回は本当にいろいろと考えさせられました。nilesmamaさんには
色々お気遣いいただき、とても有難かったですm(__)m
お互い、大切なパートーナーと幸せな時間を過ごしましょうね!!!
kappa | URL | 2012/03/26/Mon 20:01 [編集]
(^O^☆♪
よかったです‼(と申し上げていいんですよね?)癌でもリンパ腫でもなくてよかったです、ずうっとルーク君のことが気になって、kappaさんも結果待ちの毎日が不安で長く感じられたことでしょう、本当にお疲れ様でした。今回の病変部については前回の内視鏡では分からなかったんでしょうか、やはり確定診断には開腹なんですね。肉芽腫もステロイドですか、IBDと同じく免疫系疾患、お互いが関係してるのかもしれないですね、薬でうまくコントロールしていくのかな、うまくいくと信じてます。ルーク君の好きなものいっぱい食べさせてあげたいですね♪kappaさんもゆっくり体を労わってくださいね。
niles | URL | 2012/03/26/Mon 14:57 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

まとめteみた.【ガンではなかった!!】
今日はルークの術後の通院でした。そしてタイトルの通り、検査結果が出ました。覚悟して病院に行ったのですが、診察室に入るなり先生にガンではなかったですよ!!と言われ、正直驚き [続きを読む]
まとめwoネタ速suru 2012/03/28/Wed 21:47
まとめteみた.【ガンではなかった!!】
今日はルークの術後の通院でした。そしてタイトルの通り、検査結果が出ました。覚悟して病院に行ったのですが、診察室に入るなり先生にガンではなかったですよ!!と言われ、正直驚き [続きを読む]
まとめwoネタ速suru 2012/03/28/Wed 21:47
© 銀色しっぽ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。